Feature

特集

書籍の紹介

『キュレーションホテルが拓く伝統の未来』がエイトノットから出版されました。

かつて皇族や財閥の別荘が立ち並んだ熱海の景勝地で、5年間放置され解体寸前だった築85年伝統建築の、再生プロジェクトの軌跡。英国在住インテリアデザイナーに見出された元旅館別館は、当時の意匠とともに驚きの大空間として蘇り、世界的デザイン賞での入賞も果たした。負の遺産が「キュレーションホテル」として生まれ変わることで、伝統工芸やアートが還流する場となり、やがてアーツアンドクラフツツーリズムの核となる。スーパーリノベーションの実例集として、またホテルデザインの新潮流を学ぶ専門書として類のない一冊。

主な内容

◉キュレーションホテルとは何か?〜7つのキーワードから知るコンセプトと手法
◉桃乃八庵ができるまで〜紆余曲折のストーリー
◉時が生み出す真の豊かさ〜伝統工法、美しい意匠、自然素材に囲まれる暮らし
◉伝統建築を未来に住みつなぐために〜耐震・断熱・通気性の向上を成し遂げた伝統と革新の工法
◉自然はデザインインスピレーションの源〜ふるさと新潟、ロンドンの公園文化とウェールズの大自然がくれたもの。文化と自然のベストミックス・熱海に定めた安住の地。
◉桃乃八庵の作り手たち〜サステイナブルな精神を未来へつなぐ、プロジェクト・パートナーズのご紹介
◉桃乃八庵のエクレクティックスタイルの背景と真髄 洋の東西と歴史の新旧の折衷
◉対談1 過去に遡り、未来を照らすキュレーションホテルの可能性 オータパブリケイションズ 専務取締役経営調査室長 村上 実氏
◉日本の魅力を伝えるキュレーションホテル、サステイナブルなアーツアンドクラフツツーリズムの核として。
◉対談2 キュレーション展示で文化の源流を伝える、JAPAN HOUSE LONDON館長マイケル・フーリハン氏
◉世界が称賛する伝統工芸の作り手たち。工芸壁紙を送り出すトミタが描く世界戦略。
◉世界を席巻したジャポニズム〜バロックから近代美術史において世界を魅了し続けた日本の美の系譜。今こそその真価を見直すとき。
◉あとがきにかえて〜伝統建築と文化がたどった近代史から紐解く、日本の美の軸の行方

出版社からのコメント

英国に22年暮らし、インテリアデザインにおける最高峰のマーケットを擁する都市ロンドンで、デザインオフィスを16年にわたり主宰してきた澤山乃莉子。日本の伝統工芸のすばらしさを日欧のインテリア空間で表現し続けた著者が、その経験と知恵をサステイナブル哲学のもとに結実させたのが、日本初となるキュレーションホテル「熱海 桃乃八庵」。キュレーションホテルとは、日本の伝統建築素材・伝統工芸・アートをホテルという場を通じて還流させるだけでなく、地域のアーツアンドクラフツツーリズムの核にもなる施設。2018年11月のオープン後、欧州最大級のデザイン賞で入賞し、多数の媒体に掲載されるなど、桃乃八庵のコンセプトは、サステイナブルな文化成熟社会創造への手法を宿すことが評価され、建築デザインやホテル業界から大きな注目を集めています。

また、本書には2つの役割があります。ひとつは、5年間も放置され瓦解寸前だった築85年の建物を熟練の大工と共に救い、現代の最先端デザインに蘇らせた驚くべきリノベーションプロジェクトの全容を伝えること。よみがえった「桃乃八庵」の建築と意匠美、そして和洋の時間軸を融合させたダイナミックなしつらえを、コーヒーテーブルブックを意識したデザイン性の高いビジュアルで表現しています。もうひとつは、キュレーションホテルのあり方とその意義を明らかにすること。書き下ろしのエッセイやインタビューにより、世界でも類い稀な文化の多様性と魅力を伝え、また日本の暮らしを豊かにし、インバウンドにも訴求するリソースを指摘しています。

本書を特にご覧いただきたいのは、これからホテルや宿泊施設のオープンを計画されている関係者の方々やキュレーターとなり得る建築・デザインのプロの皆様。また、伝統建築物を所有するオーナーの皆様にとっても、建物を壊すことなく未来へ繋ぐリノベーションの可能性を見出すヒントになるでしょう。“キュレーション”という考え方が拓く、サステイナブルで革新的なビジネスモデルへの期待が込められた一冊です。